子どもたちの未来を担う「未来チケット」に共感しました(子ども食堂の注目の取り組み)

  • 子ども食堂では安価に料理を提供しているが、壁に貼り出されている大人たちが購入した「未来チケット」を使えば、無料になる仕組み
  • 事例では、昼間に間借りして営業している子ども食堂では、夜に料理屋を営業している経営者のお店にきたお客さんが子供の代わりに未来チケットを購入している
  • 押し付けにならない支援の仕組みが素晴らしいと思う
  • 誰かが負担になることはなく、関係するみんながWIN-WINの関係に
  • 身近にあれば支援したいと思ってしまった
  • そして、この支援を受けて育たた子どもが就職した初めての給料で未来チケットを購入し恩を返していき次世代へつなげる事例も

実は、私の周りでリアルに子どもの貧困に触れる機会がないので、子どもの貧困が実感できないのが正直なところです

私が子どもにできることとして、地域スポーツクラブで小学生を対象とした陸上教室で10年以上コーチとして指導していることです。これまでに1000人以上の子どもたちを指導してきました。最初のころに指導していた子どもたちは社会人になっています。

【MBS NEWS】【特集】子ども食堂で広がる食券「○○から君へ」大人が“カレーライス”を先買い 地域の気軽な“つながり”に(2021年1月12日)•2021/01/13

【ABCテレビ報道】子ども食堂の“みらいチケット” カレー1食200円で広がる支援 客の善意を子どもたちへ•2021/02/08

【朝日新聞DIGITAL】200円で支援できる子ども食堂「げんきカレー」のみらいチケット•2021/01/14

【ABCテレビ報道】今の日本に、貧困状態にある子どもたちがいる。その数7人に1人。家には炊飯器がない。ガスも電気も止まってる。さらに水道も…。その事実を知った1人の女性が、支援に立ち上がりました。•2020/12/26

Pocket